ゴラン高原マジダルシャムス

ゴラン高原にあるドゥルーズ派の村。マジダルシャムスに行ってました。シリアとの事実上国境にある。レバノンもヨルダンも見える場所。
ここの人たちはみんなドゥルーズ派。元々はシリアだった場所で今はイスラエル占領下にある。ホームステイ先の青年は

We lost our identity

そう言っていた。今の時期はりんごが最盛期ですれ違うりんごを積んだトラックはわたしの前で停車し、1つ持って行きなさいとりんごをくれた。ここの人たちはオープンマインドそして、小さいコミュニティーのためみんなが顔見知り。外国人旅行者のわたしは否応なしに目立つ。目立つが怪訝な顔されることなく、一人で歩いていても”あんた、あそこにホームステイしてる子でしょ?お茶でもしていきなさい”とか、”今からランチだからうちにもおいで”とかお誘いを受ける。

 

 

View this post on Instagram

 

ドゥルーズの食べ物。シューマ。美味しい。 #شومر #زاكي

azusa.sugaさん(@azur.sugar)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

女性たちの手仕事。 #bread #パン #golanheights #vegan #خبز

azusa.sugaさん(@azur.sugar)がシェアした投稿 –


イスラエルのドゥルーズ派の人たちは兵役があります。しかし、ゴラン高原のドゥルーズ派にはそれがありません。ここの人たちはイスラエルの国籍を拒否しています。国籍がないのです。どちらの意味でもアイデンティティーがないのです。

コメントを残す